院長紹介

院長あいさつ

院長:中垣 美紀子今求められる医療とは・・・
安心して、信頼して提供できる医療とは・・・
病気になると、先が暗くみえて、不安なもの。しかし、たとえ病気になっても人生に深みがでて、病気を克服し、より健康維持につとめることができたら、これは本当にすばらしいこと。
そんなお手伝いをさせていただきたい。

現代医療、最先端医療の進展がめざましく、これらの治療で多くの患者様の命が救われています。その一方で、病気人口は増え続けているようです。そして、多くの患者様は、病気に立ち向かうために、西洋医学以外の民間医療、代替療法を探し求めているという現状があります。民間療法にもいいものもありますが、賛否両論あります。 一体、何を信じていいかわからない。

そうした中で、救急治療中心の病院勤務の後、西洋医学を中心とし患者様が安心して受けられる代替療法をいろいろ研究し、免疫をあげること、原因を正すことをとりいれた補完代替医療を、この10年間、経験させていただきました。
新しい挑戦でしたが、病気と闘う患者様からのニーズが励みになり、そして、あきらめないことで成果がでたときの患者様の喜びの声に支えられ、日々勉強させていただくことができ、感謝の気持ちでいっぱいです。
そして、これらの西洋医学、東洋医学にさらに歯科と連携をとることで、誰もが望む、美しく元気に歳をとり、人生を幸福な気持ちで送りたいということを視野に入れた医療で、予防、健康増進に貢献したいと思い、この度豊中市桜塚の地で歯科併設の医科クリニックを開設させていただくことになりました。

現在、医科歯科連携をとった全人的医療というのは、まだ、多くはありません。しかし、これからの医療には医科歯科が連携していくことがとても大切だと思っています。なぜなら、私はこれまでに、歯科で治療をすることで、全身がよくなることや、医科での薬の効果があがることを数多く経験し、歯と全身は密接にかかわりがあることを実感してきたからです。内科でよくならない咬合の不調和からくる全身の骨格構造のゆがみが歯科治療で改善されます。 また、歯周病菌が全身に侵入して免疫や、動脈硬化、糖尿病などにも関与していることが近年あきらかになり、さらに口腔内の金属アレルギーの問題も指摘されています。
そこで全身への影響を考えた歯科治療をしている中垣直毅歯科医師と、同ビルで医科歯科連携をしていくこととなりました。

そしてこれに賛同してくださった白石宏スポーツトレーナー兼鍼灸医も加わってくださることとなりました。白石宏師は多くの世界の金メダリストなど、トップアスリートを陰で支え続けていますが、技術的な治療のレベルの高さはさることながら、彼の愛あふれるハートに触れ、多くの難病の方が救われているという現状があります。トップアスリートの奇跡的な治癒により、金メダルに導いた経験は、今や、病気の方々の救いにもなっています。
 わたしたち、医科歯科鍼灸の三者で手を結ぶことを掲げた「おむすびプロジェクト(OMSBプロジェクト)»(「大阪・メンタル・ソウル・ボディー」の頭文字)」をたちあげました。
「患者様のためにあれ」という気持ちをモットーに、力を合わせて医科、歯科と鍼灸治療院を併設し、全人的医療をして参りたいとおもいます。皆様のお役に立てれば幸いです。

現代医学と代替医療を併用することでお互いの長所を高め合う柔軟な形の医療形態をとっていきますので、化学療法や、病院での治療を継続されている方でもご相談ください。
必要なときは、西洋医学的な検査はもちろん、専門医療との連携も密にとっていきますので、ご安心ください。

患者様が主体で、医師や、スタッフは援助するという形で信頼関係を大切にして、よきパートナーシップをとっていきたいと考えております。
そして、患者様の病気の改善だけでなく、今後の病気予防も含めて、医療提供させていただきたいと考えております。また、患者様ご自身の健康維持にむけての養生、意識の向上をお手伝いし、人生の質の向上、心身ともに若返ることも視野に入れたよりよい医療をめざしております。

2009年4月6日 みきこクリニック院長 中垣美紀子

医科歯科連携 OMSBクリニック