中医学漢方症状別治療

アトピー性皮膚炎の漢方治療

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎は増悪・寛解を繰り返す、掻痒のある湿疹を主病変とする疾患で、遺伝性素因を持ち、アレルギー疾患の一つです。

アトピー性皮膚炎の原因

中医学では、アトピー性皮膚炎を起す原因は風・湿・熱という外因と陰虚燥熱・血虚風燥という内因があり、さらに、気滞(ストレス)の関与が多いと考えています。
または、アトピー性皮膚炎は、先天的な要因を持ち、現象的には皮膚と皮下組織の病変です。中医学的には「先天性」は腎に属し、皮膚や毛孔など、外界から体を守っている機能は肺に密接な関係があり、アトピー性皮膚炎の根本原因は肺と腎の機能低下とも考えています。

アトピー性皮膚炎の治療

アトピー性皮膚炎の治療には、皮膚の症状を抑える標治(対症療法)と体質改善によって、防御力を高め、病症を起こさない体を作る本治(根本治療)を行います。特に肺・腎の機能を高める(本治)のが最も重要です。

標治(対症療法)
風熱型
痒みはかなり強く、悪熱喜寒・夏期加重・冬期減軽、頭面部・耳・頸・胸背部など上半身に出やすく散在性、または密集性の紅斑・丘疹が特徴で清上防風湯・荊芥連翹湯・消風散・治頭瘡一方などを用います。
湿熱証
赤み・熱感・かゆみが強い皮疹、掻くとやや黄色い液が出て、すぐ糜爛状態になるのが特徴で龍胆瀉肝湯・茵蔯蒿湯・茵蔯五苓散などを用います。
陰虚血燥
皮膚が乾燥してザラザラし、ひどくなると割れ目を生じます。のぼせ、手足のほてり、口や咽喉の乾き、不眠、便秘、寝汗などを伴い、六味地黄丸・六味地黄丸+四物湯・六味地黄丸+消風散などを用います。
血虚風燥
皮膚が乾燥してザラザラします。顔の血色が悪い、唇の色が淡白、爪がもろい、髪が乾燥して艶がないなどを伴い、当帰飲子・温清飲・四物湯+消風散などを用います。
本治(体質改善特に肺・腎の虚弱体質の改善によって、体の防御力を高めます。)
  • 肺の機能を高めるため麦門冬湯・補中益気湯・桂枝加黄耆湯など
  • 腎の機能を高めるため六味地黄丸・八味地黄丸・牛車腎気丸など
  • 胃腸虚弱を伴う場合には黄耆建中湯・六君子湯などを用います。

アトピー性皮膚炎は体質改善によって根本から治すことが重要です。

医科歯科連携 OMSBクリニック