統合医療の治療内容

自然治癒力を高める

鍼治療は、中国で発展した中医学の重要な一分野です。2000年以上の長い歴史をもち、他の東洋医学と同じように、鍼(はり)を用いて体の表面にある「経穴(ツボ)」に物理的な刺激を行い、東洋医学で言う「気・血・水」の流れを調整し、人間の自然治癒力を高めることを目的とした治療法です。

東洋医学には、「未だ病に成らざるを治す」という言葉のとおり、予防的にも効果があり、そして東洋医学においては、「感情面や精神的な不調は、内臓など肉体の不調によって起こるもので、それら肉体面での不調を取り去ることにより、精神的な症状も改善できる。」と考えます。

現在の医学的な研究

現在の医学的な研究によれば、鍼には次のような効果があると言われています。

  • 血液循環を良くして血流量や血流の速さを増加させる。
  • 白血球の活性度を高め、免疫力を強化する。
  • 脳内の神経伝達物質(エンケファリンなど)を分泌させ、肉体と精神の緊張を和らげる。
  • 消化器の動きを良くし内臓の働きを高める。

頭蓋仙骨系の障害を改善し、額口腔系システムの閉鎖性連動の調和をとる

出生時の外傷や、身体的、心理的外傷、そして環境汚染、アンバランスな食事、間違ったライフスタイルによる神経・循環器・ホルモン系の異常によって、頭蓋縫合における連結障害(頭蓋骨は、ある一定のリズムで、呼吸をしています。)や、硬膜の緊張やねじれ、骨格・筋肉・筋膜の異常が引き起こされて額口腔系システムの閉鎖性連動の調和を乱します。

当院では、独自の方法により、これらを鍼によって改善していき、視床下部や、下垂体などの自律神経系やホルモン系を制御する中枢神経系に直接働きかけて、脳神経の緊張度を回復します。その結果、感情中枢の大脳辺縁系に働きかけて、不安やパニックなどの感情面での混乱を整えたり、学習障害や、末梢神経系の機能異常、筋骨格系の機能障害なども改善することもあります。(患者様の個人差がありますのでご了承下さい)

衛生面

鍼はきわめて細いステンレス製(直径0.17mm)ものを経穴(ツボ)に刺入します。細いので針を打つときの痛みはほとんどありませんし、むしろ、患部に心地よい感覚があります。当クリニックでは、ステンレスのディスポ−ザブル鍼(使い捨て鍼)を使用するため感染の心配はまったくありません。安心して治療を受けることができます。

医科歯科連携 OMSBクリニック