取扱い薬及び、自然薬の処方

グルコサミンの働き

グルコサミンは、軟骨の構成成分であるムコ多糖類の一種です。変形性関節症など関節炎に伴う症状に効果的であり、コンドロイチンと併用されることも多いです。欧米や日本で行われた数多くの臨床試験によって、関節炎や関節症の痛みを軽減し、関節軟骨を修復し、関節の可動性を改善することが確認さました。
グルコサミンの効果は、一般的な非ステロイド系抗炎症剤と同等以上です。障害された軟骨を修復し、再生を促するというメカニズムを考えますと、単なる痛み止めの医薬品の服用よりは、適切な治療法と言えます。
また、近年注目されている糖鎖栄養素の一部でもあり、遺伝子の修復、免疫、抗ウイルス作用などもあります。

期待される効能
  • 変形性関節症や、関節炎に伴う症状の予防や改善をします。
  • 関節軟骨の障害を、回復させる作用があります。
  • 関節軟骨の保護作用があります。

医科歯科連携 OMSBクリニック